takapi(`_´)ゞの気まま日記

趣味・日常の出来事を中心に気ままに更新。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やってよかった。うまくいきました!

KORG SDD-3000、リペア終了です。

今回はバッテリーとコンデンサの交換だけでしたが
これは大成功~~!でしょう。

今まで出ていたトラブルは全て解消され、音質も確実に良くなりました。
軽度のトラブルとはいえ、手間と時間はかかります。ですが、
コンデンサーの入れ替え程度であれば

特に 難しいことはない です。
ハンダゴテがあれば出来る作業ですから。(扱いには注意しましょう)



正直、まだ様々な不具合があるのかもしれませんし
また、すぐに違うトラブルが発生するかもしれません。

ですが、しばらくこのままで様子を見ることにします。(*´∀`*)



今回のリペアにかかった費用は5000円程度でした。
リペアショップの1/10以下で済んだわけです。


当たり前ですが、確実に修繕される方はリペア専門ショップにお願いしましょう!




色々調べていてわかったこと。
布袋さんの当時の機材の写真で、SDD-3000のマウントは上が1U分空いていたりします。

IMG_2360.jpg



なんでだろ~と疑問だったのですが、熱暴走対策みたいです。
この機種は、電源部がかなりの熱を発して、それが原因の故障やトラブルが多いみたいです。

この扇風機当ててる写真もよく見かけますがそういう事なんですね。

hotei 機材

時間に余裕が出来たら他の機材も修理してみようと思います。

スポンサーサイト

| 楽器・ギター | 17:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SDD-3000 部品を取り寄せる。入れ替え開始!

SDD-3000 続き。

電解コンデンサー でググってみると 様々な種類の検索結果が出てきます。
種類が多すぎて何が何やら??

形も色も様々。まぁ規格が同じなら問題ないのかな?

SDD-3000を自身で修理された方のブログを参考に調べてみると
オーディオ用のハイグレードタイプに置き換えてる方が多いようです。
メタリックグリーンのコンデンサー。

ニチコン MUSE ESシリーズ というらしい。
P-04638.jpg

正直、コンデンサーの違いで音が変わるのか?なんて僕には違いが解らないし。
あ、音質はオペアンプやICの話か?まあいいや、これで統一しようかな。。


問題はニッカド電池!
VARTA製 バルタ?ファルタ? 
どんなに探しても同じ規格のものが検索で引っかからない(泣)。
代替品を探そうにも、なにを使えばいいのか解らず、困ってしまいました。

しかし根気よく探した結果。。VARTAの電池を取り扱う通販ショップを発見!
RSオンライン

R0422393-01.jpg

これいける!あるもんですよ。助かりました!。
諦めないでよかったぁヽ(;▽;)ノ



さて、部品は揃いました。
いよいよ SDD-3000 復活までカウントダウン。楽しみです!。


同じ種類のコンデンサーを慎重に取り外していきます。
全て一気に外すと、素人の僕には訳がわからなくなりますからね。

IMG_2357.jpg

途中経過。間違えないように慎重にハンダ付け中。

順調です!




。。。と、ここで問題が!

コンデンサーは リード(足の長さ)でプラス・マイナスの極性が決まっており(長い方がプラス)
基板にも大体 +の表記があるのでそれに従って取り付けるのですが。。


KLM-800基板に極性表記がない箇所が多数。。。なんだこれ?意味がわかりません。

表記が  NP となってる。NP?
やばいなぁ、一応こんなのも印刷しておきましたが
回路図なんか全く理解できません。
sdd3000_owners_manual

これも調べた結果、wikiにありました。両極性電解コンデンサ(ノンポーラ・NP)の事でした。

酸化被膜の形成を対向する二つの電極双方にほどこしたもの。コンデンサの直列接続となるため、単位体積当りの容量は半減するが、極性がないため扱い易い。ただし、高速に極性が反転する条件(交流回路)での利用は出来ない点には注意すること。負極側の表示の代わりにB.P.またはN.P.表示がある。


今回購入したニチコン MUSE ESシリーズは 無極性。
結局どっち向きでもいいってことか (つд⊂)

素人はこんな事でもアタフタします。







| 楽器・ギター | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KORG SDD-3000 分解!

KORG SDD-3000の修理続き。

先ずは電解コンデンサーの種類をすべてチェックします。
しかし何を基準に調べればいいのだろうか?全く知識がありません。

本体の蓋を外してみます。上下に蓋があるので慎重に。
メイン基板は3枚のようです。



上蓋を外すと電源ユニット基板。KLM-802と表記があります。
IMG_2354.jpg
でかいな。黒いやつw

さっそく問題が見つかる。
IMG_2355.jpg
これがメモリー用のnicd電池。液漏れ&腐ってました。最悪ですな。。
メーカーはVarta 3.6V, 150mAh 特殊な電池?

コンデンサも表記に従って詳細を確認。
470uf 16v ×2
2200uf 35v ×2
2200uf 16v
1000uf 10v     となっていました。

これと同じものを探せばいいのね。後で検索しましょう。




もう一枚、KLM-800という大きな基板があります。こちらも電解コンデンサーの確認。

幾つか液漏れしていました。基板が茶色に汚れているのですぐに解ります。
使用している種類と数量が多いので大まかにメモを取りました。
どうせ予備も入れれば+5は発注時に増えるでしょうから。。大雑把です。

47uf 16v ×10
10uf 25v ×15
4.7uf 50v ×5
220uf 16v ×2
10uf 16v ×5
1uf 50v        こんなもんでしょうか?


裏蓋の裏 基板KLM-801
IMG_2351.jpg

10uf 16v x20
220uf 16v
470uf 16v 5
220uf 16v 5
10uf 25v 3

数量は大雑把です。


ソケットを全て取り外しました。
IMG_2352.jpg

まるでリペアショップの店員さんになったような気分。






| 楽器・ギター | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KORG SDD-3000 をメンテナンスする。

KORG SDD-3000

3000

発売されてから約30年、とても古いラックタイプのディレイです。
BOOWYをヤルならぜひ手に入れたいエフェクターですよね。

僕は運良く、2008年に某オークションで格安で購入できたのですが
当時、そもそもジャンク扱いで出品されていたものでした。
購入の結果、問題なく音も出るし、演奏に支障が無かったので非常にラッキーだったのです。

手元に来てから5年、いよいよというか。。。様々な不具合が目立ってきました。 

入力レベルのガリ、ノイズ発生。。。
デジタル表示のエラー。。。
メモリーがされない。。などなど。

しばらく騙し騙し使っていましたが、特にメモリーが出来ないのが痛い!
電源を入れ直すたび、設定が消えてしまうので最悪です。

しかしこの独特な、アナログチックな音色はこいつにしか出せないわけで。
もちろん廃棄するわけにはいきません。意を決してメンテナンスすることにしました。

ネットで検索すると、修理を承けおるリペアショップが幾つか引っかかり
どこにお願いしよーかなー・・と調べていたのですが。。。。

修理代が・・・・  高額すぎる!!

修理の内容は、電解コンデンサーを新品に取り替えるのが基本のようですが
これなら自分でできるんじゃないの?ということで

やってやろうじゃないの!!

僕は電子機器やコンデンサーの知識もないのですが、これも経験でしょう。
できるところまでやってみてダメなら諦めますが。。○万円出して修理するよりは、ね。







| 楽器・ギター | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【機材】SDD-3000の。。。

あちゃぁ~~
メモリーが全て消し飛んでしまいました。

1週間ほど電源入れなかっただけなのに
バックアップが消えるなんて今までなかったのですが。

古い機械なのでそろそろリペアが必要なのかも。


いずれにせよ、設定し直しです!。
手持ちのマニュアルが英語版の為、
未だに使いこなせておりません。。。

SDD-3000の設定って意外と当時の資料が少ないので
ディレイのTIME以外は、自分の『感』が頼りです。


少しづつ思い出しながら、8つメモリーし直しましたが
モジュレーションなんか、テキトーに作ってたので
前回と今回でビミョーに雰囲気が変わってしまいました

00000

最近、KORGのA3と、SDD-3300も接続→ONにしてます。
A3にはエキサイターが入っていたので、ちょいとHIを持ち上げる役割で。
SDD-3300もマニュアルがないので、あまり深いことは未だに解りません。
38msを常時、薄~~くかけてるだけです。

。。。。ほんと、宝の持ち腐れですね

| 楽器・ギター | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。